トム君&yoshiharuの日記
おはようトムくん

ノビタキ
しつこくノビタキ、最終回。

稲穂をバックに撮りたくて、農道に座りこんだら

近づけるか、近づいてくれるかな?とチャレンジしました。

残念ながら丸見えの農道からは無理でした。

やっぱり菜園をカモフラージュし、向こう側に留まってくれた分だけは近かったです。

20171008-IMGA8050.jpg
20171008-IMGA7916.jpg
20171008-IMGA7950.jpg
20171008-IMGA8096.jpg
10m離れた先の農道脇の低い雑草の茂みが2番めのお気に入りのようでした。

しかし、ここにはハクセキレイのペアがいて、何度も追い出されてました。

追い出された後は、雑草の中に飛び込むか、水路脇で田んぼをずっと眺めていました。

その後、遠くへ飛んで行ったきり、見失い戻ってこなかったので帰ることにしました。
20171008-IMGA8124.jpg
ノビタキ
10月8日撮影


チャリねえがオレンジのコスモスに留まれっていうけど、

曲芸みたいにあんな柔らかな茎に留まれないよ。

それなら、みかん、みかんの前っていうから

みかんのなる木の低い枝に一度だけとまってあげたよ。

やっぱりみかんの木の一番高いとこが好きだよ。

これでいいかい?


散歩の人や他の農家の方に怪訝な目で見られる前に、

「先制こんにちは作戦」やってたね。

挨拶された方は疑問を感じつつ

笑顔で挨拶してくれて立ち去ってくれたよ。

すぐにあっちやこっちに飛んでいく僕たちからは

目が離せないし、

ひとには気を使ったり忙しかったね、おつかれさん。
20171008-IMGA7607.jpg
20171008-IMGA7620-2.jpg
20171008-IMGA7637.jpg
20171008-IMGA7638.jpg
20171008-IMGA7704.jpg
ノビタキ
10月8日撮影

一番遠い田んぼに行きました。

家庭菜園に着いて、数分でノビタキが柑橘の木に留まりました!

ラッキーっと思ったのは束の間、

家庭菜園のおばあさんの軽乗用車が止まりました。

「おはようございます。野鳥を撮影しています。農作業の邪魔になりませんか?」

「大丈夫よ。野鳥?雀とカラスとほかにもなんか来るわ」とおばあさん。

「あれ、ノビタキといいます」

「のびたきっというの。雀じゃないなぁと思ってたけど」

田んぼ脇の杭に留まる撮影では、7、8mで近づくだけで飛んでしまいました。

しかし、この家庭農園内ではおばあさんがいても、4、5mの近さで撮影できました。

家庭菜園の農作物がちょうどよいカモフラージュになっていたのかな?

田んぼに飛んでいったノビタキを追って行くと

「遠いところ、ご苦労さん、唐辛子持って帰り」といただきました。
22221871_1479653295457734_435515134227771462_n.jpg

ここでは3羽のノビタキを確認できました。

その1羽がこの家庭菜園がお気に入り、

田んぼの杭に留まっていたら、ひとが通るたびに戻ってきました。

柑橘の木のまわりに虫がいっぱい飛んでいるのと、

田んぼの杭や稲穂より、だいぶ高いからお気に入りの理由かな。

飛び交う虫の動きを見ています。
20171008-IMGA7545.jpg

最短距離4m、ほぼノートリ、さすがでかいな(笑)。


20171008-IMGA7557.jpg
20171008-IMGA7563.jpg
20171008-IMGA7505.jpg
20171008-IMGA7470.jpg

おばあさん、安心してゆっくり撮影できました、ありがとう。

おはようトム君
Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.