トム君&yoshiharuの日記
ケアンズの宿
ケアンズの2日目のロッジです。

本当は3泊以上の宿泊でないと予約は取れないそうです。

キッチン、冷蔵庫が完備されているので自炊するのが一般的です

我々の場合、ツーリストなので

特別にロッジのご夫婦が美味しい料理をふるまってくれました。

ちなみにロッジのご夫婦はスコットランド人で、

ビールがない代わりにスコッチが無料で飲み放題でした。

「スコッチは最高さ」と熱く語り、ノンベェのツアー客は大喜びだったようです
20160905-20160905-IMG_0103.jpg
奥の部屋にもさらにベッドがありました。

テーブルの上のボールの用途は不明でした。

一人には広すぎて悩みましたが、わたしは手前の小さなベッドで寝ました(笑)
20160905-20160905-IMG_0104.jpg

ロッジの見取り図です。

私はロッジ5に泊まりました。

ご覧の通り、周りは森というかジャングルでした。

野鳥たちのさえずりが目覚まし時計でした。

帰り間際にフウチョウが「また来てね」と部屋の前で挨拶に来てくれました
20160906-20160906-IMG_0149.jpg

3日目、ジョージタウンのモーテルです。

ジョージタウンで、神経質?な日本人がなんとか宿泊できる綺麗なモーテルだとか。

20160906-20160906-IMG_0203.jpg

20160906-20160906-IMG_0204.jpg

距離感覚を失った私たちのために、

ガイドがケアンズ市内から約360kmのジョージタウンを地図で教えてくれました。

「1泊2日でたったこの距離しか来ていないんです。オーストラリアはバカ広いです、わかります?

・・・明日またおなじ道を戻ります。。。」の図(赤い線が直線距離)

たった一人で運転し続けたガイドは、本当に大変だったと思います。

オーストラリアーのバーダーは、リタイア後、

キャンピングカーやランドクルーザーで

道なき道を歩みながら、何年もかけて豪州一周し、

固有種を制覇するのがステータスの一つ夢だそうです。
ひ、広すぎます。
20160906-20160906-IMG_0211.jpg





コメント
チャリねえちゃん、こんばんは。

ケアンズの施設は、かなり感じの良い所ですね。

それにしても広さの感覚が違うオーストラリア、自然もビックなんですね。
nakaちゃん[URL] 2016/12/01(木) 18:02 [編集]
また行きたいです。
nakaちゃん、こんばんは。

どのエリアも、たった1日の滞在では勿体なかったです。

特に2日目の宿は、居心地のよいところで

みんな気に入っているようでした。

まだまだ魅力的なポイントがあるようで、

また行きたいです。
チャリねえ[URL] 2016/12/01(木) 21:03 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.