トム君&yoshiharuの日記
ケアンズの野鳥たち11
ロッジのある地域はジャングル。

40分ほど走って山の裏側は乾燥地帯。

「レストランは120km先にある(にしかない)」という看板が立っているような、ほぼ無人地帯が続く

オアシスのようなキャンプ場所には、美しいインコたちがいました。

他の野鳥と違って、休憩中のインコたちでしたので撮りやすかったです(笑)

モモイロインコ
k4N0A9883.jpg
k4N0A9842.jpg

ハゴロモインコ
k4N0A0099.jpg
k4N0A0093.jpg


ホオアオサメクサインコ
同じような画像ですが、よく見ると脚で実を掴んで食べていました。
脚で実を掴んでいます
k4N0A0045.jpg
k4N0A0073.jpg
器用に掴かみながら食べています。
k4N0A0026.jpg

実は、もう1羽、綺麗なインコがいたのですが、

スコープでは確認できたのですが、

肉眼ではわからなくて撮りそびれました。

オーストラリアサンショウクイ
k4N0A9804.jpg
k4N0A9833.jpg
コメント
チャリねえちゃん、こんばんは。

南国独特のインコ、色が鮮やかですね。

こちらの公園にも稀にインコが来るけど、カゴから抜けたもの。

一度自然のインコを見てみたいです。
nakaちゃん[URL] 2016/01/15(金) 18:13 [編集]
オウムの木でした。
nakaちゃん、こんばんは。

乾燥地帯のキャンプ場のようなところで

オウムの成る木みたいに、数種類のオウムやインコが

寛いでいました。

鮮やかで作り物のような野鳥でした(笑)
チャリねえ[URL] 2016/01/15(金) 18:45 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.