トム君&yoshiharuの日記
ケアンズの野鳥たち7
オーナーたちが置いてくる水場にやってくるコキミミミツクイ?


ノドジロハチマキミツクイ
k4N0A9104.jpg

ロッジの裏にある小川に水浴びにやってきます
ハイムネメジロ
k4N0A8986.jpg
チャイロモズツグミ?
k4N0A8972.jpg
キアシヒタキ
k4N0A9084.jpg

イタリアは「遺跡の中に街がある」という感じ。

パリは「芸術の中に街がある」という感じ。

ロンドンは、「ちょっとガヤガヤしてるけど伝統を頑なに守る街」

ベルリンは「堅実な街」

オーストラリアは
「大自然の中に、ごく僅かに人が住んでいる街」

初日にして、そう思いました。

コメント
チャリねえちゃん、こんばんは。

何となく国や都市を上手く表現しましたね。

今回もたくさんの鳥たちが紹介されているけど、

ケアンズはとりわけ、「自然の中の鳥たちの雑踏」なのかな(笑)
nakaちゃん[URL] 2016/01/08(金) 19:04 [編集]
少しカナダっぽい
nakaちゃん、こんばんは。

ケアンズは治安がよいのと

自然がいっぱいのところが

ほんの少しカナダに似ている印象を受けました。


最終日の公園で、ガイドがうっかり自分のリュックを

雨宿りしていたテントの下に置き忘れました。

そのまま園内の次のポイントに移動してました。

公園のレンジャーがやってきて

「テントの下にあるリュックは君のじゃないのか?」

とわざわざ言いに来てくれて、

少し後で取りに行っても無事でした(笑)

他の国なら絶対に盗られているよねっと笑い話でした。

チャリねぇ[URL] 2016/01/08(金) 20:15 [編集]
パリもロンドンも行ったことがないけどみょーに納得(*^^*)…チャリねえさんのブログとても楽しいです。カメラのレンズをかえましたか?ますます腕が上がったみたい‼︎
KIRin[URL] 2016/01/10(日) 12:59 [編集]
ありがとうございます!
KIRinさん、こんばんは。

コメントを見逃していました!

レンズはそのままで腕が上がりましたっと

言いたいところですが、残念ながら違います。

ケアンズは鳥との距離が本当に近く、

私の小さなレンズでもピントがきやすかったです。

ぜひ行ってみてください!

空港か現地で会えるのを楽しみにしてます(笑)

チャリねえ[URL] 2016/01/10(日) 21:16 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.