トム君とYOSHIHARUの呟き

おはようトム君

毎日、同じショットだね、このグレーのボードのうえが涼しいんだ

外で撮影はしたいけど暑すぎるよ、




  1. 2018/07/18(水) 21:42:28|
  2. トム君

ボーランと風蘭とロケと。

一昨日は美容室の帰り、近くの商業施設に寄りランチ。

暑いし、少し店内をウロウロ。

「無印良品」近くを歩いていると、

数人の女性が「カメラ撮影・動画撮影禁止」と書かれたうちわを持って巡回し、

スマフォを向ける客が居たら、追っかけてきて中止させます(笑)

そんな過敏にならんでも、まぁしゃあないか。

他には私服ガードマンが目を光らせていて、ちょっとだけピリピリモード。


なんだろう?と隣のロフトから様子を伺うと、

姉妹漫才師のやすともが、ひたすら買い物する番組のロケだったようです。


私はモンベルでスニーカーを新調して買ってルンルン(笑)





まだ咲いている風蘭。



37230992_1767764029979991_717013011604176896_n.jpg
37237338_1767763979979996_7517583448345673728_n.jpg

そしてボーラン(棒蘭)も、多分初めて?咲きました。
37308828_1767763983313329_876657019010940928_n.jpg



  1. 2018/07/18(水) 17:00:51|

おはようトム君

暑いよ暑いよ、玄関のタイルが寝床

  1. 2018/07/17(火) 20:49:24|
  2. トム君

つぶやき

4年前の公園の皆様が、ブッポウソウの撮影にたくさん行かれてました。

私も行きたいなぁ、でも車がないと・・・・・

諦めていた矢先に、ちょうど野鳥ツアーがあったので即申込みました。

ブッポウソウを研究されている方のガイドでしたので、

「横山様」ではなくて、集落のあちこちの巣穴を、特別に案内してくれました。

しかし「ブッポウソウに刺激を与えないように」が鉄則。

よって彼らのいるポイントから100m以上離れてが基本。

ファインダー越しでは5mmくらいの大きさの観察・撮影です(笑)


雨が降り出して「最後のポイント」に立ち寄ると、

バスの駐車位置から20mくらいのところで、くつろぐブッポウソウがいました。

さすがにガイドは「大丈夫そうだから、ここから観察しましょう」

電線止まりでしたが、ブッポウソウの美しさがわかる距離で見れて、

最後がみんな笑顔になった後、土砂降りとなりゲームセット。

大人の事情?で翌々年くらいから、そのツアーがなくなったので行っといてよかったです。

2015年7月 岡山にて

後ろの緑にピントが持っていかれて、大トリミング、補正して唯一残った画像(笑)


つぶやきのため、コメント欄とじます
BUPOSO4N0A3134.jpg


  1. 2018/07/17(火) 17:14:42|
  2. 呟き

おはようトム君

早朝散歩でも、10分が限界さ。

  1. 2018/07/16(月) 22:07:02|
  2. トム君

つぶやき

「鳥枯れ」でしょうか、諸先輩方のブログは素晴らしいショットのアオバズクばかりです(笑)



私の場合、調べてみると4年前、

電車に乗って、超暑い中15分ほど歩いて行きました。

古い墓石が周りにあって、ちょっと不気味な場所の大きな木が営巣地でした。

「どこにいるんだろう」と探しいるうち、

視線を感じた先の目の前に。

初見のアオバズクに「うぁ、おったおった」と独り言がでました。

お子たちが木の真下で遊んでいたので、たまに目を開けてくれました。

通りすがりの地元の方は「雛が出るのはまだ先やな」

と優しく見守られている感じが気持ち良かったです。

ここのアオバズクが巣立ったのかな。

つぶやきにつきコメント欄はクローズ。

2014年6月 某神社にて、見守る雄
IMG_5729.jpg



  1. 2018/07/16(月) 17:00:02|
  2. アオバズク

風蘭

もう少し蕾が残って、後少し楽しませてくれそう。

暑くなる前の早朝、散歩。

早朝とはいえ、すでに気温は28度あまり。

トム君も暑かったらしく、公園の手前で

「もうええわ、帰ろう」と

Uターンして全速力で帰りたいと(笑)

37161008_1763408137082247_3040773069598621696_n.jpg
37107665_1763408153748912_8779263725434568704_n.jpg
37078081_1763408073748920_8583864519015530496_n.jpg
  1. 2018/07/15(日) 23:09:12|
  2. | コメント:0

おはようトム君

早朝散歩でも暑いぜ


  1. 2018/07/15(日) 22:40:39|
  2. トム君

つぶやき

7月11日、出勤途中、いつもの地下鉄の改札を通ろうとすると・・・

目の前、いや横で、ドスンと高校生くらいの男性が定期券を片手にぶっ倒れます。

「大丈夫じゃない」とわかっちゃいるけど、

「大丈夫?」

「う、うん」と少し痙攣を起こしたので、

近くの人に「駅員呼んで」と頼みます。

駅員が駆け付けて

「しばらく休もうか?車椅子取ってくる」

通りすがりの男性が

「救急車呼ぼうか?」とスマフォを取り出しますが、

「いや、駅員呼んだから大丈夫」

「そうか」

違うおばちゃんが「柱にもたれさせたら?」

車椅子を持ってきた駅員に続いて

さらに応援に来た駅員が「あれ?この子、前も・・・、たしか持病があって。。。」

「あなたはお連れさん?」

「いえ、違います。あとお願いしますね」

ふー、やれやれ。




 2016年9月ケアンズ

遠くに止まった鳥を確認するために、緊急停車。

しかし、それは珍鳥ではなかったのでバスに戻りかけると

ツアー客の一人が「そこで何か動いたけど・・・」とガイドに伝えます。

ガイドは半信半疑で双眼鏡を覗いて、

「シ、ショウキバト!!!!、こんなところにいるとは!!!嘘だろ」と

いつもクールな(笑)、ガイドのテンションが一人で上がりまくります。

ツアー客の一人がずっと「ショウキバトが見たい」と呪文のように言いつづけても

「このあたりにはいません」とガイドは言い続けていたから、しばらくは大騒ぎでした。

20160907-20160907-IMGA9103 のコピー


  1. 2018/07/15(日) 17:00:54|
  2. 呟き

おはようトム君


  1. 2018/07/14(土) 22:22:16|
  2. トム君

実家のケリ

7月14日撮影

今日も所用の帰り、実家のカワセミに会いに行きました。

ところがちょうど棲家?巣?休憩場所?から飛んでいくところでした。

駐車場のアスファルトの照り返しは暑い(笑)

今度、戻ってくるのは1時間後(笑)、40分だけ待って諦めました。

もしかしたら餌場のため池に居るかなぁと、柵の外側から観察すると

ケリが10羽以上、同じ格好で休憩していました、へぇ、こんなところに。

IMGA8820_18-07-14.jpg
IMGA8829_18-07-14.jpg
  1. 2018/07/14(土) 14:33:37|
  2. ケリ
  3. | コメント:0

つぶやき

情報通(!?)の鳥友さんに久しぶりに再会。

最近は「珍鳥」情報はなく、彷徨っているカメラマンが多数とか(笑)

毎年、遠方まで行って同じ鳥を、同場所で、同じ構図で撮るのもなぁとぼやいていました(笑)



去年はnakaちゃんと常連仲良し組の皆様の心優しいご配慮のおかげで

アカショウビンの撮影にご一緒させていただきました。

一人で行くには最寄駅から徒歩10kmのところでしたので諦めていたので・・・・・

本当に助かりました、ありがとうございました。

その後、リュウキュウアカショウビンを見ましたが「紫がかった羽色」でした。

やはり本州のアカショウビンの「赤」の美しさは別物の美しさでした。





「日本人は、カワセミなどの綺麗な色目の鳥がやたら好きで、地味な鳥はまったく興味がない」と

ケアンズのガイドに、本音を何度か聞かされたけどたしかにそうですね(笑)、

でも好きなものは好きなんだもん。

2016年9月 馬鹿デカすぎたワライカワセミ

20160905-20160905-IMGA6514 のコピー

  1. 2018/07/13(金) 17:00:47|
  2. 呟き

おはようトムくん


  1. 2018/07/12(木) 21:49:00|
  2. トム君

鳴かしてたんちがう?

去年は2度ほど、キビタキの子育てを見に山寺に電車やバスを乗り継いでで行きました。

観察や撮影前には、必ず山寺に参拝。

その日も本堂に行くと・・・・・

「ツキ、ヒ、ホシ、ホイホイホイ」と本堂裏からすごい声量の囀りが聞こえてきます。

後日、Dさんに伝えると「誰か(ICレコーダーで)鳴かしてたんじゃないの?」

ムムム(笑)

そんな私も疑って、本堂の裏にカメラマンがいるかと探したり、

駐車場に戻ってもバイクも車はなく、8時過ぎの山寺、やはり私一人っきりでした(笑)

数分ほど囀りだけを楽しませてくれた後、ぴたりと鳴きやんでしまいました。

早起きは三文の得、朝のコーラスを堪能、良い思い出です。



2016年9月 オーストラリアのジョージタウンのはずれ

牛の骨が散乱する砂漠の先にあった、まさしくオアシス、モモイロインコの群れ

20160906-20160906-IMGA8488 のコピー
  1. 2018/07/12(木) 17:00:43|
  2. 呟き

おはようトム君


  1. 2018/07/11(水) 21:52:42|
  2. トム君

つぶやき

休日夕方限定で、例えようのない甘い香りにうっとりの風蘭。

開花2弾目はもう散り始め。



36876772_1756380244451703_7967411054181351424_n.jpg
36880777_1756380207785040_5888055036423962624_n.jpg
  1. 2018/07/11(水) 17:00:13|

笑うトム君


  1. 2018/07/10(火) 21:49:19|
  2. トム君

1番バッター

先日は旬な部署への応援のため、出勤でした。

細長いカウンターなので、一番手前に座ると「流しソーメン」で例えると

ソーメンが食べ放題、ひっきりなしにお客様対応です(笑)

後ろの方に座ると、ソーメン=お客様に当たらないので、待ちぼうけで楽ですが

時間が経つのが遅く辛いです。

私の場合は慣れない応援で、お客様から叱られる?ことは多くても、

1番バッターから4番バッターの席をキープして

あっという間に1日が終わりました(笑)


2016年9月ケアンズのボートによるバードウォッチングのルリミツユビカワセミ

ボートからの観察や撮影に対しては、不思議と無警戒だそうです。

ノートリギリギリ、3m前の枝にちょこん、びっくりです。

20160904-20160904-IMGA6301 のコピー

つぶやきにつきコメント欄は閉じます
  1. 2018/07/10(火) 17:04:43|
  2. 呟き

おはようトム君


  1. 2018/07/09(月) 20:46:55|
  2. トム君

つぶやき

所用のために実家に行くと、耐震工事でクレーン車で作業中でした。

これじゃあ、カワセミは見れないなと諦めると、近くでカワセミの囀りです。

よかった、彼らの棲家には影響のない場所だったので気にしていないようでした。

所用の後、カワセミの様子を見に行きました。

30分に一度くらいに、啼かずに茂みにやってきますが、

「巣?」のあった場所へは行かず、反対方向へ通過していくので撮れません(笑)

どうやら巣立ったようですが、親?子?はこの茂みは立ち寄って、

餌場のため池に行くのがコースでしょうか???


2016年9月ケアンズの種類の違うカワセミ

20160904-20160904-IMGA6321 のコピー

  1. 2018/07/09(月) 16:27:44|
  2. 呟き

おはようトム君


  1. 2018/07/08(日) 21:58:12|
  2. トム君

つぶやき

親友はドイツに住んでいて、夏休みで日本に一時帰国中です。

帰国日はワールドカップで日本代表の試合のある直前でした

「今から飛行機に乗るから試合が見れない」とLINEでぼやきますが、

日本にいる私を含めた3人の返信はなく、ノーリアクションでした。

帰国後「LINEの反応がなかったけどサッカー見てなかったの?」との問いかけに

3人は「ほとんど興味がない」

私の場合は「前半だけ見て寝た」

「えーっ、後半見なかったの?」

「うん、仕事やったし」



公園では「レンカク」は珍鳥と聞いていましたが・・・

2度行ったケアンズでは、住宅街にある小さな公園の人工池と水路で、

異常なほど警戒心がない個体という、レンカクが数メートル先でいとも簡単に出会えました。

とてもユニークで美しいレンカクでしたので、1日中撮影したかったけど、

数分もしないうちに、あっちやこっちから小鳥や水鳥が現れるし、

40分ほどの滞在で「そろそろ次に行きましょうか」とガイド

(彼氏にはお客さんをたくさん効率良く見せる使命があるからね)

独り言につきコメント欄は閉じます

20160904-20160904-IMGA6002 のコピー


いつも楽しく拝見していた「野鳥と森林浴」のブログがクローズされて残念です。

どこかのブログやSNSで再開されるようなら、非公開コメントでこっそりコメントで教えてくださいね(笑)
  1. 2018/07/08(日) 17:00:51|
  2. 呟き

おはようトム君

雨が続いて散歩に行けないよ


  1. 2018/07/07(土) 21:55:59|
  2. トム君

美晴ミュージアム

雨が続きますねぇ。

雨の中、果敢に撮影に行かれている方々にはただ感心します。

山田先生がいうように、その情熱の差がいろんな意味で敵わない理由の一つかもしれません。

頭が下がります。が、私の場合「車中から」はありえないので、

雨の日の撮影は困難、苦手・・・。

先日は、雨だったので実家のカワセミの観察はやっぱり断念しました・・・(笑)



Sさんから強引?に頂いたニシオジロビタキ、美晴ミュージアムに追加展示です。

某家電ポイントがほどよく溜まっていたので、額縁を3枚を追加しました。

nakaちゃんのエナガ、キビタキ、ルリカケス、写心感さんのオオルリ、キビタキやMさんのオオマシコ。

私のアカショウビン、シラオラケットカワセミ、コミミズクと。

なぜか「右向き、右」が多いです(笑)

まだ額縁が3枚足りないけど・・・また後日に。

独り言につきコメント欄は閉じます

36670176_1750744291681965_7001799679012765696_n.jpg

週明けまでお仕事が続きます(笑)

独り言につきコメント欄は閉じます
  1. 2018/07/07(土) 17:00:00|
  2. 呟き

おはようトム君


  1. 2018/07/06(金) 21:47:40|
  2. トム君

美晴ガーデン②

7月5日撮影

美晴ガーデンはパノラマ写真で撮るとこんなかんじ

36733950_1750102341746160_5609261188752867328_n.jpg

鉢植えの場合は、1年に1度、水苔を変える「植え替え」したほうが花付きがいいといいますが・・・

ここ数年、植え替えを忘れて・・・咲いた頃に思い出します(笑)

風蘭は風通しがいいところを好むので「吊り枠」に。

花が咲いていた分を撮影しようと、吊り枠から外そうとしたら、

あれれ、左右の鉢の水苔に根が出張して離れません(笑)

根を傷付けたくないので、切り離すのはやめました。
36613350_1750102378412823_5395540150065299456_n.jpg

36680594_1750102488412812_2249320513748860928_n.jpg
36695443_1750102491746145_5203557852123234304_n.jpg

昨日の続きのため、コメント欄はクローズ
  1. 2018/07/06(金) 17:01:38|

おはようとむくん


  1. 2018/07/05(木) 20:45:48|
  2. トム君

美晴ガーデン①

7月5日撮影

せっかくの休日が土砂降りです(笑)

雨の様子を見るために「美晴ガーデン」(ただのベランダですが)に出ると

20鉢ほどある風蘭のうち、5、6鉢の風蘭やセッコクが開花し始めてました。


この風蘭は紫がかっています
36678934_1750039275085800_1602377947958738944_n.jpg
定番の白い風蘭
36653617_1750039355085792_6859836651804295168_n.jpg
36590285_1750039351752459_6376514833705074688_n.jpg
セッコクの一種
36603035_1750039365085791_4154180643154034688_n.jpg

  1. 2018/07/05(木) 17:00:11|
  2. | コメント:2

おはようトム君


  1. 2018/07/04(水) 22:51:29|
  2. トム君

エナガ

7月1日撮影

久しぶりに早めに公園に行く予定でしたが、

実家のカワセミの様子を先に見に行きました。

私は駐車場横の茂みに身を隠して(かなり怪しい)、15分待ちます。

すると入れ替わり立ち替わり、10分おきくらいにほとんど囀りせずに飛んできて、

枝にも止まらず、巣?のある茂みに突っ込みます。

結局、1時間ほど観察しましたが、「親」だけなのか「雛」なのか識別できず。

展示会が終わったので、また見に行こうと思います。


そんなこんなで大遅刻で公園へ。

「今日は日曜日でカメラマンが多いから、今日は降りてこないわ」と。

なんとか幼鳥が来てくれましたが・・・・・・

この1枚(笑)
IMGA8646_18-07-01.jpg
  1. 2018/07/04(水) 17:00:46|
  2. エナガ
  3. | コメント:2
次のページ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

チャリねえ

Author:チャリねえ
『気まぐれ野鳥撮影』&『おはようトム君』

※古い記事については、訳あってタイトルと画像が大きく異なるものがあります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アオゲラ (3)
アオサギ (4)
アオジ (2)
アオショウビン (2)
アオバト (6)
アオバズク (4)
アカゲラ (1)
アカショウビン (5)
アカハジロ (1)
アカハラ (10)
アカヒゲ (2)
アトリ (5)
アマツバメ (1)
アマサギ (2)
アマミヤマシギ (2)
アメリカヒドリ (1)
アリスイ (6)
イカル (15)
イソヒヨドリ (6)
ウグイス (1)
ウソ (7)
ウトウ (1)
エゾビタキ (3)
エゾフクロウ (2)
エゾムシクイ (7)
エトピリカ (5)
エナガ (39)
エリグロアジサシ (1)
エンビタイヨウチョウ (2)
オウチュウ (1)
オオアカハラ (1)
オオセグロカモメ (1)
オオタカ (33)
オオハクチョウ (1)
オオルリ (29)
オオヨシキリ (3)
オオワシ (12)
オオジュリン (7)
オジロビタキ (5)
オジロワシ (7)
オシドリ (10)
カイツブリ (4)
カササギ (1)
カノコバト (1)
カシラダカ (3)
カラアカハラ (15)
カラムクドリ (1)
カケス (6)
カルガモ (4)
カヤクグリ (3)
カワセミ (117)
カワガラス (2)
カワラヒワ (3)
カンムリオオタカ (2)
カンムリカイツブリ (5)
カンムリワシ (3)
キセキレイ (3)
キクイタダキ (21)
キバシリ (2)
キビタキ (69)
キレンジャク (2)
キョウジョシギ (1)
キンパラ (1)
ギンムクドリ (2)
クイナ (6)
クビワムクドリ (1)
クマゲラ (3)
クロウタドリ (1)
クロガモ (1)
クロジ (1)
クロサギ (2)
クロツグミ (7)
クロツラヘラサギ (2)
クロハラアジサシ (2)
クロモリガラス (1)
ケアシノスリ (1)
ケリ (2)
コイカル (4)
コウノトリ (1)
コウライキジ (1)
コオリガモ (1)
コガラ (3)
コゲラ (7)
コサギ (4)
コサメビタキ (25)
ゴジュウカラ (2)
コノハズク (1)
コマドリ (5)
コムクドリ (1)
コミミズク (28)
コヨシキリ (1)
コルリ (10)
サメビタキ (10)
サンコウチョウ (8)
サンショウクイ (6)
シキチョウ (1)
シジュウカラ (8)
シノリガモ (1)
シマエナガ (7)
シマフクロウ (22)
シメ (5)
シラオラケットカワセミ (1)
シラサギ (2)
シロガシラ (3)
シロチドリ (0)
シロハラ (1)
シロハラクイナ (1)
ジョウビタキ (31)
ショウドウツバメ (1)
雀 (4)
ズアカアオバト (1)
ズグロミゾゴイ (1)
セイタカシギ (8)
セッカ (5)
センダイムシクイ (2)
ソウシチョウ (3)
タイワンオナガ (1)
タイワンキジ (1)
タカサゴモズ (1)
タシギ (13)
ダルマエナガ (3)
タマシギ (1)
タンチョウ (10)
チョウゲンボウ (24)
チュウサギ (1)
ツクシガモ (1)
ツツドリ (11)
ツバメ (24)
トサカレンカク (1)
トモエガモ (2)
トラツグミ (13)
トラフズク (2)
ニシオジロビタキ (18)
ノグチゲラ (2)
ノジコ (1)
ノスリ (1)
ノドグロヤイロチョウ (1)
ノビタキ (10)
ノゴマ (11)
ハイタカ (6)
ハクセキレイ (2)
ハギマシコ (1)
ハシブトガラ (1)
ハジロカイツブリ (1)
ハジロクロハラアジサシ (1)
ハチジョウツグミ (2)
ハヤブサ (43)
バン (2)
ヒガラ (0)
ヒクイナ (4)
ヒバリ (4)
ヒメマルハシ (1)
ヒメヤマセミ (1)
ヒヨドリ (1)
ヒレンジャク (6)
ビンズイ (1)
フクロウ (3)
ブッポウソウ (1)
ベニアジサシ (1)
ベニマシコ (11)
ベニヒワ (3)
ホオジロ (2)
ホシガラス (1)
マガモ (1)
マミジロ (1)
マミチャジナイ (1)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (4)
ミソサザイ (10)
ミゾゴイ (1)
ミヤコドリ (1)
ミヤマホオジロ (1)
ミフウズラ (1)
ムギマキ (6)
メジロ (18)
メボソムシクイ (4)
ムクドリ (3)
ムラサキサギ (2)
モズ (5)
リュウキュウアカショウビン (1)
ルリカケス (1)
リュウキュウアオバズク (2)
リュウキュウクイナ (1)
リュウキュウコノハズク (1)
ルリチョウ (1)
リュウキュウメジロ (1)
リュウキュウヨシゴイ (1)
ルリビタキ (52)
ヤツガシラ (2)
レンジャク (1)
ヤブサメ (8)
ヤマガラ (15)
ユキホオジロ (1)
ヤンバルクイナ (6)
ユリカモメ (1)
ヨシガモ (2)
ヨシゴイ (1)
ケアンズの野鳥たち(2015.12) (43)
ケアンズの野鳥たち(2016.09.03〜09.08) (35)
トム君 (1408)
野鳥 (73)
花 (89)
呟き (349)
昆虫 (19)
旅行 (50)
未分類 (20)
ペット入店不可マーク (3)
今日の植物 (7)
今日の暖簾 (6)
クロウサギ (1)
シャチ (1)
  (1)

カウンタ

リンク