トム君&yoshiharuの日記
チワワ
出勤途中、いつものようにいつもの道をチャリンコで走っていると、

首輪をしたチワワが前を走っています。

思わずチャリンコを停めて、足を止めさせて「おい一人か?」

反対方向からは、同じく出勤途中のバイクのおばさんがやってきて、

明らかに飼い主風でない私がチワワの相手をしているのが

気になったのか停まります

「どうしたの?あなたのチワワ?」

「ちゃうちゃう、一人で走ってるから止めたんですわ」

同じ方向からやってきた女子高生二人組、ちゃりんこのおっさんまで足を停めます。

「飼い主は?」

「どこにもおらんねん、どないしょうかな」

「ほんまにおらんなー」

私「交番に届けましょうか?でも、調書とか取られたら仕事に遅れそう・・・」

するとバイクのおばちゃんが「私届けるわ、うちの子1週間前に亡くして、ほっとけないわ」

私「お仕事、大丈夫ですか?」

「電話するわ、大丈夫」

私「でもバイクにどうやってチワワ載せます?」

「この手提げ袋に・・・うーん、入らんなあ。リュックに入れて運ぶわ、おとなしく入ってね」

5人で小さなチワワを取り囲んでいた時に、どこかへ向かおうとする男性が横を通ります。

通り過ぎてから取り囲んでいたチワワがみえたのか振り返って

「それ・・・うちの・・・」

「あなたのワンちゃん?」

「はい、すいません、探しに行こうと・・・」

「あーー、よかったぁ。今、みんあで届けようとしたの」

飼い主が見つかってよかったです。

朝の忙しいひとときに、一匹のワンコに足を止める人たち、

まだまだいい人たち⁈はいるようで(笑)

それにしても公園で柴犬を保護して以来、迷い犬と縁がありますなぁ。

20170804-IMGA3612.jpg
ウソ
8月4日奥庭

ここのウソは、「おしどり夫婦」で必ずといっていいほど雌雄が揃ってやってきました。

どこかのご夫婦と一緒で(笑)、「亭主関白」なのか大体、雄がさきに水浴び。

雄を撮っていたら、ファインダー後ろに雌が入る感じです。

つい雄ばかり撮ってしまってたのか、帰って画像を見ると雌の画像は少なめでした。

20170804-IMGA3518.jpg
20170804-IMGA3529.jpg
社窓
20953263_1438064676283263_1784009591543819774_n.jpg
おはようとむくん

カヤクグリ②
同じような画像ですが、くるくるくる回って水浴びしたかわいいカヤクグリ
20170804-IMGA4595.jpg
20170804-IMGA4641.jpg
20170804-IMGA4671.jpg
20170804-IMGA4685.jpg

社窓
社窓20842162_1437125246377206_2974961024309324601_n.jpg
おはようとむくん

ルリビタキ
8月3日奥庭

綺麗なルリビタキ2回目の水浴び

20170803-IMGA2961.jpg
20170803-IMGA2966.jpg

20170803-IMGA2974.jpg
20170803-IMGA3047.jpg
20170803-IMGA3073.jpg
20170803-IMGA3092.jpg
おはようとむくん

メボソムシクイ
8月4日奥庭撮影

早朝6時頃の探鳥

おはようっていってるみたいでした。

20170804-IMGA3240.jpg
20170804-IMGA3260.jpg
20170804-IMGA3264.jpg
社窓
20799268_1435361449886919_5141530108175287208_n.jpg
おはようトムくん

万燈供養
アルバイトの時は夕方で帰ってたので「万燈供養」を見る機会はなかったので、

仕事帰りに立ち寄りました。

学生時代には見れなかったハルカスと四天王寺と万燈供養です。

スマフォで撮影

20767949_1434451689977895_1099836515659377433_n.jpg
20768105_1434451883311209_1445422937298487142_n.jpg
20770123_1434452259977838_4222835325896433931_n.jpg

毎年法要後、両肩に乗っかっていた何かがすーっと抜けていて軽くなるのは気のせいでしょうか?


社窓
20767887_1434524066637324_7467700669819144899_n.jpg
おはようトムくんおはようとむくん

カヤクグリ①
8月4日奥庭 

初見のカヤクグリ

松のてっぺんで2羽が囀ってました。

縄張り争いかな。
20170804-IMGA3277.jpg


2日間の水場で最後に登場のカヤクグリです。

1度しか来ませんでしたが、その代わり、羽生くんみたいにくるくるくるくる回ってくれました(笑)

20170804-IMGA4535.jpg
20170804-IMGA4554.jpg

帰りの車中の鳥合せで「日本の固有種は?」

えーーー、わかりません(笑)

①カヤクグリ
②ヤマドリ
③アオゲラ
④セグロセキレイ
⑤アカコッコ
⑥メグロ
⑦アカヒゲ
⑧ルリカケス
⑨アマミヤマシギ
10 ノグチゲラ
11 ヤンバルクイナ

だそうです(笑)
盂蘭盆会へ
今日は家でゆっくりするつもりでした。

ふとお盆だということに気付いて、少し早起きして四天王寺へ参ることにしました。

四天王寺は無宗派、ありとあらゆる宗派を受けいれる、

寛大?なお寺なので人気があるのかもしれません。

昔から変わっていなければ、四天王寺のお坊さんだけでは足りないので

全国各地から「応援お坊さん」が来ています。


学生時代、アルバイトでお世話になった最も北側にある英霊堂で、

お経をあげてもらうことにしました。

英霊堂に向う途中のメインの北鐘堂や六時堂はすでに長蛇の列です。(何時間待ちでしょうか)

人気の六時堂
20729262_1433361096753621_9162327353917959506_n.jpg


もしや英霊堂も?と急ぎ足で向かうと、「ここは空いているよ」と

数組待ちでお経をあげてもらえるとのこと。

英霊堂は戦没者を祀るお堂なので、

終戦記念日以外はほかのお堂に比べて空いています。

元四天王寺の学生だった回し者なので供養の流れを書きましょう。

アルバイトをしていた頃は、

嫁いだ先のお盆行事に「目がテンになっている」とおヨメさんの姿をみたり

「初めて来ました、どうしたらいいの?」という人によく教えたりしました(笑)



①境内のあちこちで「お経木」(木の札」を20円で販売しているので、

家ごと、戒名ごと、俗名ごと、読み上げてほしい枚数分を購入します。

それぞれの読み上げてほしい俗名などを自分で書くか代筆してもらいます(代筆は有料だったかと)

②お経をあげるお堂前で「回向券」(お経代)3,000円か5,000円を購入します

③お堂受付で「回向券」と「お経木」を預けて、受付の際に読んでもらう自分の名前を伝えます

④「お流しはどうされますか?」と聞かれます。

供養後、「お経木」を「自分で亀井堂で持参して、係員が経木を井戸水で流す(供養を見届ける)」か

「お経木をそのお堂で預けておいて、お堂からまとめてお経木を流してもらうか(流し供養を見届けない)」かを選択します。

どちらでもかまいません。

⑤名前が呼ばれるまでお堂内で待機します。

⑥名前が呼ばれると、お坊さんがお経を唱えてお経木を読み上げます。その間に焼香します。

様々な宗派のお経がありますが、ここでは各宗派のお経は受け付けません(四天王寺のお経のみ)

⑦お流しを自身で持参する場合は、お経木を預かって亀井堂に向かいます。

⑧亀井堂の係員にお経木を預けます。係員がお酌にお経木を入れて井戸に流します。

井戸に入っている係員が1枚づつお経木を供養し・・・終了です。

⑨万燈供養・・・ろうそくを購入し、外側の紙に俗名などを記入し係員に預けます。

日没後、ろうそくに火が灯されます。


英霊堂、お堂内には美しい仏像があります。
20841926_1433361086753622_3361376560172745299_n.jpg

今年は、旧友太田くんの3回忌でしたので、彼の名前も読んでもらいました。



帰りは一心寺に向かいました。

一心寺は、四天王寺に比べると狭いです。

奥のお骨佛に向かいますが・・・・・いつも思うのですが、もう少し参拝場所を広くしたほうが・・・(笑)

今年、新お骨佛が建立されたこともあり・・・100人づつ入れる入場制限。

その甲斐あって、安全にゆっくり参拝できました。




地元の神社では風鈴祭りを新企画?で始めたらしく、無人の境内が風鈴だらけです。

今後も風鈴を奉納をしてもらって、もっと風鈴だらけにしたいそうです(笑)
20729282_1433361093420288_3356638139480999758_n.jpg



テーブルにたタバリアと苔のアレンジを作っておきました。
20800126_1433361170086947_6881252217912484262_n.jpg


アサギマダラ
富士山5合目には、蝶々も

3、4頭のアサギマダラがひらひら舞っていました。
20170804-IMGA4120.jpg
20170804-IMGA4477.jpg

蝶に詳しい人もその場では電波状況が悪く、帰りの車中で判明
ヒヨドシチョウ
20170804-IMGA4861.jpg

2週間以上ぶりに公園へ。

nakaちゃん、いてくれました(笑)

暑さのため午前で退散です。

公園のサギソウ
IMGA5170.jpg
IMGA5187.jpg
社窓
20727946_1431655506924180_4488711573911000545_n.jpg
おはようとむくん

メボソムシクイ
8月3日撮影 奥庭

濃霧状態が止んで、10分ほど日が出ました。

ルリビタキとメボソムシクイが入れ替わり立ち替わりやってきました。

20170803-IMGA2911.jpg
20170803-IMGA2926.jpg
20170803-IMGA3023.jpg
おはようとむくん

ルリビタキ
8月3日奥庭にて

ルリビタキもたくさんいるようです。

成鳥が来ると、場が華やかに盛り上がります(笑)

20170803-IMGA2878.jpg
20170803-IMGA2888.jpg
20170803-IMGA2898.jpg
社窓
20638515_1430294973726900_5920607923965436069_n.jpg
おはようとむくん

メボソムシクイ
8月3日 奥庭荘

公園では茂みの中でチョロチョロ。

ここでは、一工夫でよく姿を見せてくれました。

この時も濃霧があり霧補正を少ししています。

20170803-IMGA2835.jpg
20170803-IMGA2851.jpg
20170803-IMGA2864.jpg
社窓
5分後、こちらも土砂降りに。
20663862_1429137703842627_7209088557868657809_n.jpg
おはようトムくん

付け入る隙もありゃーせん。
先日、あるところへに行きました。

「一人」が「とある人」をいつものように独占状態、付け入る隙もありません(笑)

「私たちの邪魔しないよね」ビームを撒き散らします(笑)

「いやいや、あなたの邪魔などしません、あなたとなんか一緒に1秒ともいたくありません」

心で叫んで、大人に笑顔を演じます。

どこにでもいる、どんなところでも勝ち抜いていく人種、

ご本人には全く自覚はないけどトラブルメーカー(笑)、

最初から最後まで相手にはしなかったけどやっぱり疲れました(笑)



全然、関係のない風蘭

20621992_1429406787149052_6219647535692898625_n.jpg


ホシガラス
8月3日撮影

奥庭荘の従業員は、宿直当番以外は山を降りるため、夕食開始は17時でした。

ちょうど食事を終えた頃、従業員が「やっと霧が晴れて、富士山が見えるよ」と教えてくださりました。

20708270_1428468920576172_3228836296820258897_n.jpg

「綺麗だねぇ」と一部のツアー客と眺めながら、

何気なく富士山の麓のハイマツを見ていると、

白っぽい鳥がハイマツからハイマツへ渡るのが視界に入りました。

「ホ、ホシガラス?!!!」とおもわず叫びます(見たことがなかったので)

富士山を見るためだけに宿から出ただけのなので手ぶらでした。

慌てて宿に戻ってカメラを取り、中野さんや食事をしているツアー客に伝えに行きました(笑)

でかすぎると富士山と小さすぎるホシガラス・・・

ほぼノートリ。
20170803-IMGA3100.jpg

大トリ
20170803-IMGA3106.jpg

手持ちだったので、三脚を取りに戻ったら、もう1羽飛んできました。
縄張り争いで喧嘩してどこかへ飛んで行ってしまいました。
ほぼノートリ
20170803-IMGA3212.jpg
大トリ
20170803-IMGA3215.jpg

水場には翌日にも来なかったので、
遠くハイマツに留まって富士山がバックでも撮れて、見れたしよかったよかった(笑)
Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.