トム君&yoshiharuの日記
JELLY号のメンテナンス
午前中はヘアサロンに。

風もなく快晴、鳥薄の噂があり自転車のメンテナンスがてらポタリングです。

4ヶ月ぶりに片道1時間の自転車ショップに向かいました。

ヘアサロンでも自転車ショップでも

「ひさしぶりですねぇ。まだ野鳥を追っかけてるんですか?」

JELLY号の他所でつけてもらったダサいスタンドと

老朽化したワイヤーを取り替えてもらい、

ちょこちょこっとオイルを注して、

チャチャチャといじってもらうと

あららら、新車のような乗り心地になりました!

店長にメンテナンスしてもらうのは数年ぶりです。
12804791_958458687577200_6914768153740610386_n.jpg

気持ちよくスピードが出て嬉しくなって

公園に立ち寄りました。

ポカポカ陽気の休日で園内は、家族連れで賑わってました。



帰り道にポプラエリアで記念撮影。
12798828_958492464240489_4217391623452372156_n.jpg

先日のカワセミ。
20160224-IMGA5045.jpg

帰ってきたら夕日が綺麗だったからトムくんと散歩へ。
12801676_958630450893357_6480075964790360323_n.jpg


おはようトムくん

エナガ
カワセミの雄と遊んでいたら、

真上にキクイタダキと真横にエナガがやってきました。

とっても元気なエナガが飛び回ってくれたのですが・・・・・

残ったのはこの1枚。
20160224-IMGA5106.jpg


スズメが水飲みに
20160224-IMGA5130.jpg

所用の帰り道、再度公園へ。

所用でいなかった間、カワセミの雌が雄の近くにやってきたようです。

光の絨毯のなかにいるミコアイサを撮りたくて池へ。

ミコアイサの季節になると、公園の本当のお父さんTさんのことを
思い出します。

毎年、どこかに書いていますが、数年前、

たまたまマウンテンバイクで園内を散策中に出会いました。

「時間があるなら僕とデートしよう!

水流にカワセミに会いに行こう、

ミコアイサを探しに行こう、

オオタカのところにいるnakaちゃんのところに行こう」と

あのとき、Tさんに出会っていなければ今頃鳥撮りをしていなかったでしょう。

野鳥も人との出会いも一期一会ですね。

私は後々まで知らなかったのですが、nakaちゃんは本当に親子だったと思っていたとか(笑)

20160224-IMGA5179.jpg



公園近くのお気に入りのお好み焼きやへ。


12745861_956227157800353_4750270652154038505_n-1.jpg
おはようトムくん

カワセミ
公園に行くとカメラマンはさらに少なく・・・・・・

カワセミは雌を待っているのか、

お腹がいっぱいなのか、

いつも以上にまったりしていました。

常連メンバーばかりでしたので

カワセミが安心できる距離を維持すると

それにきちんと答えてくれました。

20160224-IMGA4973.jpg

20160224-IMGA4975.jpg

しばらくすると下流の暗いところに移動。

30分以上、キョロキョロしなかまら雌を待ちます。

回りでシロハラ、スズメ、エナガなどガヤガヤと

飛び回りますが、まったく動かず(笑)

私もカワセミと一緒に雌を待ちました(笑)

ずっと待っていたかったのですが所用のため一旦離脱しました。
20160224-IMGA5084.jpg


おはようトムくん

プレイバック・流氷とワシ達
公園の師匠たちの道東の画像を見ると、去年を思い出しゾクゾクします(笑)



今年のツアーでは、残念なことに流氷上のオオワシ・オジロワシシーンは見られなかったようです

海氷センターより(2月25日分)
流氷船の出るところに流氷は皆無のようでした
latest_icechart.png

去年、流氷ツアーの名物船長は

「(船首でガイドをしている女性ガイドに対して)おい、流氷ねぇぞ」とボヤキ

今度は「流氷あった!、おい遠いぞ、行くぞー、、、おい揺れるぞー」

40分以上沖まで走って流氷とワシ達の素晴らしいショーを見せてくれました。

流氷が脆くて船が接岸・固定できず、

グラグラ揺れながら船酔いしそうになりながら

いっぱいシャッターを押せたのは今年の状況と比べれば「ラッキー」でした。

またいつか再訪・・・と思ってましたが、

このまま温暖化が進むなら早めに行った方がいいのかも。

美しい流氷が写っている未アップ画像を。

20150225-20150225-4N0A8019.jpg
20150225-20150225-4N0A9196.jpg
20150225-20150225-4N0A9254.jpg
20150225-20150225-IMG_0600.jpg






おはようとむくん
昨日はアップ忘れてたんだって。
オオジュリン
久しぶりに鳥撮りへ。

現地に着いたら、カメラマンは2人。

オオジュリンが出てくれたので撮っていたら、

他のカメラマンはノーシャッター。

あれれ???

みなさまは昨日までに撮り終えてたようでした。

私は今季初、今月最後の鳥撮り日だから一人シャッターを押します(笑)


奉仕活動の会議のため、後ろ髪引かれる思いで最寄駅に近い公園へ移動しました。



結局、今月はわずなか鳥撮りでした。

2ヶ月目で「できる限り公園に行きたい」は挫折です。

3月はどれくらい公園に行けるナァ。



オオジュリンは葦がかぶって難しいなぁ


20160224-IMGA4907.jpg

20160224-IMGA4893.jpg

オオタカ
だいぶ前の公園。

アオバトの後、自宅に帰ろうと思ったら

「オオタカおるで」と教えて頂き、

もう一度木道に戻るとオオタカがいました。

珍鳥目当てに来られた15人以上のカメラマンが、

私の背後にズラリ圧巻でした・・・。

みんなで飛び出す瞬間を狙って我慢大会です。

案の定、ほぼ真正面に飛んできて飛び出しは撮れませんでした。

こっち見てるよね
20160203-IMGA3270.jpg

羽を広げますが、飛びません。
20160203-IMGA3370.jpg

オオタカの滞在もあとわずかでしょうか。

あと何回逢えますかね。
おはようトムくん

ケアンズの野鳥たち30
ムギワラトキ
20151214-20151214-4N0A4239.jpg
ノドクロモズガラス
給餌中でした。
感動的な光景でした
20151214-20151214-4N0A4310.jpg
キバタン
大木にある洞で営巣中。
この洞は、人気物件で次から次へいろんな鳥が営巣するとか(笑)
飛び回り遊びまわりたいのを我慢して、次に代わってくれるはずの相棒を健気に待つキバタン。
ギャーギャーうるさいイメージが強かったキバタンでもこんな姿もあるのね。
20151214-20151214-4N0A4392.jpg

最後の最後にモリショウビン
20151214-20151214-4N0A4659.jpg
20151214-20151214-4N0A4682.jpg

ケアンズの野鳥たちは、これが最終回となります。

ながらくのお付き合いありがとうございました。

実質3.5日間で約130種見て80種くらい?撮影したのでは?とガイドが言っていました。

・・・数えていません。


次はどこに行こうか?と悩み中です。

上司や同僚や後輩たちの「根回し」と「貯金」次第です(笑)
ありがとうございます
ケアンズの太田ガイドのtwitter内で私のブログが紹介されました。

ありがとうございます!

びっくりぽん!?

太田さんのホームページ

おはようトムくん

ケアンズの野鳥たち29
ようやくケアンズの最終日です。

空港に向かうまで公園での数時間の探鳥でした。

マングローブがあったり、広い芝生、大きな木、花があり・・・良い公園でした。

途中、スコールにあい、雨宿りしていても何かしらの鳥が視界に入るようなところでした。



マミジロカルガモ?
20151214-20151214-4N0A4085.jpg
アカアシクロトキ
20151214-20151214-4N0A4126.jpg
シロガシラツクシガモ
20151214-20151214-4N0A4132.jpg
ナンヨウオウチュウ
20151214-20151214-4N0A4177.jpg
おはようトムくん

ジョウビタキ
2月は何かどこかに行くイベントがあったような・・・。

ニシオジロビタキに逢った帰りの電車の中で・・・

あ”っ、「世界らん展in東京ドーム」

・・・もう終わってました(笑)



2月上旬のジョウビタキ。

20160203-IMGA3093.jpg
20160203-IMGA3111.jpg
20160203-IMGA3119.jpg
20160203-IMGA3143.jpg
おはようトムくん

ニシオジロビタキ
今更ですがニシオジロビタキに逢いに(笑)

師匠たちはとっくの昔に行かれていたので

のんびり電車日帰りひとり旅を楽しんできました。

最寄駅から広〜い園内を横断しながらポイントに着きました。

現地でお会いした皆さまのおかげで

撮影するチャンスをいただきました。

20160219-20160219-IMGA4607.jpg
20160219-20160219-IMGA4649.jpg
20160219-20160219-IMGA4772.jpg
20160219-20160219-IMGA4783.jpg
20160219-20160219-IMGA4817.jpg
20160219-20160219-IMGA4831.jpg


大好きなジョビ子ですが、ここではちょっとお邪魔虫
20160219-20160219-IMGA4728.jpg

遠い桜の木にはウソも
20160219-20160219-IMGA4586.jpg

おはようトムくん

ケアンズの野鳥たち 28
カバイロハッカ 外来種
20151213-20151213-4N0A3956.jpg

日本では絶滅したハシブトゴイ
夜行性のため大きな木で休んでいました。
観光客などがひっきりなしに通る遊歩道だったので
「コアラを撮っているのか?」
20151213-20151213-4N0A4017.jpg

なんだっけ(笑)
20151214-20151214-4N0A4049.jpg

ヤブツカツクリ
20151214-20151214-4N0A4080.jpg
おはようトムくん

カニツアーと本
奉仕活動のイベントツアーで「日帰り夕日ヶ浦カニツアー」に行ってきました。

丹後に入ると雪が・・・
12705415_952363178186751_7338013936595533638_n.jpg

日帰りカニツアーの人気店、定番店だけあって納得のカニの量と味でした。(料理は一部)
12743689_952363044853431_3519271512339669479_n.jpg

雪は止んでいましたが強風でした。
12742653_952363001520102_3361795891106330955_n.jpg


先日、1年ほど前に定年退職した取引先マダムが職場にやってきました。

彼女は「チャリねぇには絶対読んでほしい本を見つけたから読んでほしい」

私がSNSで鳥の画像ばかりアップしているからです(笑)


第二次世界大戦中、老婦人が先天的に羽が折れ、片脚に異常のある瀕死のスズメを拾いました。

献身的に看病し奇蹟的に回復し、その後良きパートナーとなり、

なんと12年も生きた、マダムとスズメとの交流を描いた物語でした。

翻訳作家が丁寧に訳してくれていたおかげで、

とても読みやすく現地に着くまでに読破できました。

スズメにそんな才能があるのか?と信じられないようなエピソードがありましたが、

お互いの愛情があっての奇蹟だなと思う素晴らしいお話でした。
12741893_952382534851482_9145202422254308204_n.jpg

おはようトムくん
チャリねぇにお耳とお手が痒い、痒いといったら

すぐに先生のところで診てもらったよ。

お手は舐めすぎて腫れて、お耳は膿がでていたよ。

飲み薬は吐いちゃうからブチューとしてもらったから、

これ以上は悪化しないかな。





ケアンズの野鳥たち27
オーストラリアは広大な土地に対して、

人口はとても少ないので必然的に

バードウォッチングや鳥撮りを趣味としている人は、決して多くはないとか。

「人の住まない(住めない)ところにいる固有種な野鳥」に

出会うために何ヶ月、何年かけて、

オーストラリアをキャンプしながら回るのが、

オージーのバードウッチャッーの夢だとか。



・・・・・・で苦手な水鳥特集が続きます(笑)

また鳥名がちがっているかもしれません

ホウロクシギ?
ほうろくしぎ

スグロトサカケリ?
遠かったけど、可笑しな配色にパチリ。
ずぐろとさかけりjpg

オオメダイ?
おおめだいpg
おはようとむくん

ケアンズの景色
ちょっと気分を変えて、ケアンズのわずかな風景写真?をアップします

ケアンズ市内の住宅街の蓮池。レンカクのいたところ
IMG_2204.jpg

郊外のパイナップル畑。
パイなMG_2242

移動途中の郊外だったかな?
IMG_2250.jpg

キングフィッシャーパークの入り口。
この辺りは超怖がりなシラオラケットカワセミがいました。
太田ガイドがこの道を、そーっと足を踏み出しただけで遠く高くに飛ぶ子でした。
IMG_2221.jpg

ロッジの客室。ベッド2台。テレビはなし。
個人で行く場合、基本は「持ち込み自炊」のため、食料以外の食器や冷蔵庫など完備。
ロッジの前、食堂の周辺に居たシラオラケットカワセミは愛想の良い子でした
IMG_2217.jpg
ロッジ裏手の森には、ヤイロチョウなどがいるところ。
部屋前には、エサ台を設置して小鳥、シラオラケットカワセミなどのたくさんの野鳥が飛び交います。
基本的には少数の宿泊者しか探鳥できないので、しずかないい環境です


ロッジ周辺の風景だったと思います
IMG_2215.jpg
IMG_2219.jpg


おはようトム君

ケアンズの野鳥達26
遊歩道のからの景色。

水鳥達がたくさんいましたが・・・

だいぶ見逃し撮り逃したと思います。

ガイドから最も離れたところの最後尾でモタモタと

「これは何?あれは何?」と撮っていましたので・・・(笑)

IMG_2265.jpg

鳥名が間違っていたら申し訳ございません。

ソリハシシギ?
そりはししぎjpg

オオメダイチドリ?
おおめだいちどりjpg
ウズラシギ?
うずらしぎjpg


おはようトム君

Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.