トム君&yoshiharuの日記
アオバト(4月23日)
4月23日爆睡アオバト

今日は寝坊したのでトム君と休養日。

昨日は公園に。

水流で話し込んでしまいました。

昼過ぎから公園中が人の波に。

夕方前には雨が降り出し

・・・前回同様、シャッターチャンスは0でした(笑)

でも3脚のネジが緩んでいたり、

プレートがロックの効かない逆向きに付いていることを

嘘のお父さんたちが発見・セッティングし直してしてくださり、助かりました。


通称「宴会の森」でキビタキを待っていると、

ヒクイナポイントで出会った個性的なカメラマンが忍び寄ってきます。

「リスの森でマミジロ撮ってたで、行かへんのか?」

「それは昨日でしょ?、今日はBBQでにぎわってるでしょ」

「えっ、さっきみんな撮ってたで、行かへんのか」

軽く無視してても、ごちゃごちゃ言ってきます。

それに気づいた他の鳥友さんが

「それはな、昨日や。今日はおらん」

「えっ、そうなん」

「(私に向かって)ごめん、昨日やねんて」

「・・・」

気づいたらいなくなってました。

昨日や今朝見た「ブログネタ」を「今日のこと」として、

他人に『悪気なく』ガセ情報を言ってるようです。

そういえばこの前も

「昨日しかいなかったヤツガシラ」を

「ヤツガシラ出てるで、行かないのか」とガセ情報言ってたな・・・

次回からは完全無視です。
20170423-IMGA3818.jpg
アオバト
4月23日撮影

『今季はコマドリは6回も見た』とマダムと

『6連敗中』の私。

案の定、昨日はコマドリはいません(笑)

高い枝で微動たりしないアオバト

誰もいなかった宴会の森にオオルリやキビタキはいるのですが、

新緑深い高いところにいるので、

ほかの方々は別のポイントに移動したようでした。

20170423-IMGA3837.jpg

アオバト
珍鳥ポイント後にして、大好きな水流で日向ぼっこしながらランチ。

昼からは、やはりキクイタダキの気配がなくなり、帰ろうかなと思った矢先、

「あっちにアオバトいるで、撮っておいで」と鳥友さんが教えてくださります。

「もう飛んでるでしょう?」

「いや、飛びそうもなかったで、今やったら、間に合う行っといで」

諦めモードで向かうと鳥友さんがおっしゃるとおり、

丸見えのアオバトがいました。

シャッターを押し始めて数分後、南に飛んで行きました。

教えてくださった鳥友さんに感謝、かんしゃ。


20160203-IMGA3230.jpg
20160203-IMGA3214.jpg
20160203-IMGA3204.jpg
アオバト
久しぶりに公園へ。

Pお父さんが、アオバトを見つけてくれました。

緑と同化してて、さっぱり見つけられません。

Pお父さんに、合わしてもらってシャッター。

でもなんとかピントがあったものは、うっかり誤って消しちゃった。



「飛んだ!」と言う声が聞こえた途端、6、7mほど上の目の前の枝に留りました。

近すぎて尻尾が切れてしまいました。
IMG_7269.jpg
早朝のアオバト
カワセミ狙いで早朝出勤。

既に鳥友さんがふたり。

あっけに取られていると、「カワセミ来てるで、カメラはよ出し」

カワセミにカメラを向けた途端、

「アオバト4羽や、あっちや、はよ撮り」

えっ、えっ、えっ、カワセミがそこに留ってるけど???

しかし、経験上、鳥友さんの指示に従うのが鉄則(笑)

IMG_2881.jpg

「アオバトあっちに渡ったわ、渡って撮っておいで・・・」

えっ、えっ、あっち側ですか、カワセミが、また戻ってきてるけど・・・

一人で飛んで行ったあたりの枝を見上げていると

鳥友さんが反対岸から「あそこや、見えてるか」と親切に教えてくださりました。

IMG_2883.jpg

しかし、1分後、また向こう岸に渡って南へ・・・

アオバト情報を知って駆けつけた鳥友さんに

「もうあっちへ行っちゃった、1分くらいしか留ってなくて・・・」

「1分もいたんか、あっちか探してくる」と。

一瞬な出逢いでしたが、ラッキーだったようです。

Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.