トム君&yoshiharuの日記
コサメビタキ
ソフトをいじっていたらこんな風になってしまいました。

こんなはずでは・・・

、、、お遊びなのでアップします。

メタリックコサメビタキ
20161011-20161011-IMGA1056.jpg
コサメビタキ
10月13日遥か昔の鳥撮り日。

コサメビタキの前にあるススキが、

風でユラユラ靡いて、

それを避けながらの撮影でした。

来春も立ち寄ってね。
20161013-20161013-IMGA3502.jpg
20161013-20161013-IMGA3527.jpg



コサメビタキ
秋の渡り休暇の画像が続きます。

10月11日水流のコサメビタキ

サメビタキやキビタキ雌と微妙な距離を保ちながら、

たまに追いかけっこしながら、

一体どんな会話をしているのかな。
20161011-20161011-IMGA1566.jpg
20161011-20161011-IMGA1578.jpg
20161011-20161011-IMGA1612.jpg
コサメビタキ
秋の渡り休暇5日間が終わり、今日より職場復帰です。

10月11日の公園。

水流はびっくりするほど静かでした。

しかしその後は、他の常連さんたちと渡り鳥が楽しませてくれました。

私が通った3日間皆勤賞のコサメビタキ。

アリスイに振られたかわりに、コサメビタキが遊んでくれました。

20161011-20161011-IMGA0791.jpg
20161011-20161011-IMGA0822.jpg
御礼
本日、写真展が終了しました。

師匠たちや他地域カメラマンのアドバイスやご意見、

そしてこの公園のご利用いただく地域、

地元の方々の率直な感想をお伺いしたくて

数日だけ展示会場にお邪魔させていただきました。

多くの地域の方々が、これだけの野鳥がこの公園で

見れることに驚かれていたこと、

美しいカワセミが、いつでも近くで見れることを

誇りにされている方もたくさんいらっしゃいました。

この公園には様々な問題があり、

野鳥にとって優しい環境とは、決していえません。

そして渡り先の国や地域の乱開発により

彼らの棲むジャングルが減り、

数が減りつつあるのでは?という考えもあるそうです。

これからも次世代、未来永劫、

彼らの立ち寄る公園であり続けることを願います。

ご来場いただきましたみなさま、

公園管理者のみなさま、

諸先輩方々、

そnakaちゃん、パナさん、ありがとうございました。


落選したボツ画像。

Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.