トム君&yoshiharuの日記
ケアンズへ (クロモリガラス)
いつも拙いブログにご訪問いただきありがとうございます。

「お盆休み」の11月20日からの台湾旅行に続き、

一足早く「正月休み」でケアンズに

12月10日から14日(3泊5日)行ってまいりました。

公園の親戚のおっちゃんと公園のおとっつぁんにだけ、

出発2日前にお伝えしたところ「また休み?」と、案の定驚かれました(笑)

天候や営巣時期の関係上、この時期にしか撮影するチャンスのない「とある鳥」に会ってきました。

120種あまりのケアンズの野鳥に出会えて、おそらく80種以上は撮影することができました。

鳥の種類が多いことはもちろんですが、鳥との距離も近くて、見るのも撮るにも最高の場所でした。

そんなお膳立てをしてくれたのが、現地日本人ガイドのO田さんの完璧なプランニングのおかげでした。

まずは、台湾一通りをアップしてからと思っていますが、どうしようかな?悩んでいます。

とりあえず、少し先になりますが、お楽しみに(笑)



ケアンズのごく普通にある海岸近くの公園で、

スコールにあって雨宿りをしていたら、

目の前(4m先)の地上でクロモリガラスの餌渡しが始まりました。

向かって左の茶色が幼鳥、向かって右の黒色が親鳥です。

ふと他に目をやると、

まるでアヒルのように

オーストラリアヘラサギが歩いてきたり、

トキが優雅に歩いたり、小鳥があちこちで営巣していたり、

ペットショップにいそうなインコがパパイヤを食べています。

「視界から野鳥が途切れないよ」っと、その通りのケアンズでした。


K4N0A4348.jpg
Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.