トム君&yoshiharuの日記
アカショウビン
アカショウビンが続きます。

現地に着いて、すぐに目の前にアカショウビンが留まり、

一瞬にして心を奪われました。



「ぐるっと(周りを)回るけど?」とnakaちゃんたちに誘われますが・・・

「行ってらっしゃい。アカショウビンが見たい、撮りたい」と居残りました(笑)





自分自身の課題や目標が、いろいろと再確認できた素晴らしい一日でした。

nakaちゃん、ありがとう。

c20170720-20170720-IMGA1373.jpg
c20170720-20170720-IMGA1375.jpg
c20170720-20170720-IMGA1861.jpg
ノートリ(端っこに写ってた)
c20170720-20170720-IMGA1863.jpg

昨日に続いてアカショウビンなのでコメント欄は閉じます
台湾の野鳥たち(金門島) アオショウビン
ホテル近くの海沿いのアオショウビン。

金門島初日のアオショウビンは正面からしか見れませんでした。

翌日、背中の「アオ」が見えました。

画像より、肉眼のほうがずっと美しくて、

他のツアー客が移動し始めてましたが、ギリギリまで眺めていました。

これぐらいの距離でないと見たり撮るのは難しいようです。
ノートリ
t4N0A0505.jpg
大トリ(笑)
t4N0A0564.jpg
ノートリ
t.jpg
中トリ
t4N0A0618.jpg
大トリ
t4N0A0611.jpg
最短距離
t4N0A0682.jpg


台湾の野鳥たち(金門島)11アオショウビン
昨日のヤツガシラが飛んだので、

牛の世話をしている地元の方の許可をもらって

草地?を散策し始めた途端、

ツアー客が「なんかいますよ。 何ショウビンだっけ?」

小鳥のぬいぐるみのように、チョコンと枝に留まってました(笑)

次の日のポイントでは、アカショウビンに似た囀りが、よく聞こえました。

アオショウビンも、金門島では、ごく普通に見かけました(警戒心は強く、いずれも距離はあり)

今回の狙いの一つであったヤマショウビンは、

朝、夕方と、去年まで見られたポイントを探しましたが、姿はなかったです。

今季は来てないかも?とのことでした。

t4N0A0220.jpg
t4N0A0238.jpg
t4N0A0241.jpg


Copyright © 2017 トム君とYOSHIHARUの呟き. all rights reserved.